2019年4月1日月曜日

店舗を磨こう。



「旅先を選ぶ時に、重視する条件を一つだけ挙げて下さい。」と尋ねられたら、あなたは何と答えますか。


私は、「食事が美味しいこと」と答えます。


“訪れる人・携わる人が誇りを持てる最高のお店づくりを通して、街の価値を上げ続ける日本を代表する存在となる。”


これは、とある式場様の企業メッセージです。


”街の価値を上げる。”
地方で頑張っている方々が、最近良く口にすることばです。


強く感じることは、その街に素敵なお店があるかどうか。美味しい食べ物があるかどうか。心を刺激する店舗が多いかどうか。
そんな店舗体験が、旅行者が抱く街の印象に大きく影響しているということです。


もっといえば、「こんな場所なのに、こんなお店が!」というほど、ギャップがあればあるほど、その驚きは強いものになると思います。


そこに、魅力的なお店があるだけで、そのお店に行くためだけに遠方から旅行者が来る時代。
しかも、SNSの今は、国内からだけでなく、国外からも。


建物、スタッフ、制服、置かれている小物、料理、使われている器や、そこで流れている音楽や時間。
アイテムの全てに、思いが入っている。明確な意図によってデザインされている空間。


そんな、五感を刺激する体験をすると。
このお店、素敵だなあ。から、この街、いい街だなあ。
来てよかったなあ。又、来たいなあ。とアップデートされる感じです。


企業の使命に「社会貢献」ということが、よく言われます。

社会貢献とは。
素敵な店舗を創り上げる。これも立派な社会貢献だと思います。


「初めていわきに来たけど、いわきにもこんな素敵な場所があるんだ。」
そんな体験を提供すること。
それは、間違いなく地域に貢献していることだと思います。


私は、「いわきに、こんないいお店ができたよ。」という話を聞くと嬉しくなります。
実際、伺ってみて、確かに良いお店だという体験をすると、また嬉しくなります。


人を魅了する店舗。
私たちの施設も、ピカピカに磨き上げて、そんな店舗にしていきたいと思う今日この頃です。


最近、いわきも美味しいお店が増えつつあるようです。


人を魅了する街。
いわきは、もっともっと良い街になっていくと思います。

今日は私の残された人生の第1日目だ。運命の初日としよう。
多謝

2019年2月2日土曜日

決断


ある将軍が部隊を率いて、戦地へ赴きました。
そして彼らは、ある島に上陸しました。
その将軍は、上陸した途端、自分たちが乗ってきた船を燃やしました。

そして、船を全焼させて、彼は言いました。

「勝っても負けても、退路はない」

彼らは戦に勝利しました。
将軍は、まず、断つことにより、戦に勝利したのです。

これは、フランスの英雄、ナポレオン・ボナパルトの有名な逸話です。


『決断』


さて、決断するとはどういうことをいうのでしょうか。

決断するとき、Aにしようか。Bにしようか。はたまた、Cにしようか。
どの【選択肢】を決めるかについて、いろいろと考えるかと思います。

ただ、ある人は言い切ります。

「決断とは、退路を断つことである。」

決断とは、①まず断つこと。そして、②決めること。
この順序が大事と。

「決めてから、断つ」のではなく、「断ってから、決める」
確かに、選択肢を一つ一つ断っていくと、したいことが明確になってくるように思います。

そして、こうとも述べています。
「真の決断とは、自分が決めたゴール以外のあらゆる可能性を受け入れないことを意味します。」
「真の決断とは、退路を断つことです。裏口を閉めて、鍵をかけ、その鍵を捨てるのです。」

ビジネスの世界でも同じことが言われています。

史上最年少でハーバード大学の教授となり経営戦略論の第一人者となったマイケル・ポーターは、代表的著書「競争の戦略」の中で次のようにいっています。

「戦略の本質は、何をやらないかという選択である。」
「何をやるかより、何をやらないか。”何をやらないか”こそ、選択のスタートである。」

決断する時に思い出したい言葉です。

2019年、あなたは何を決断しますか。

今日は私の残された人生の第1日目だ。運命の初日としよう。
多謝


2018年12月28日金曜日

庭にできたみかんが、今年は甘い。




「庭にできたみかんが、今年は甘い。」

そんな独り言のような会話を耳にした時、ふと思うことがありました。


毎年、社長宅の庭になるみかんが、今年は甘いらしい。
特に何か手を入れて育てたというわけではないので、何かの環境の変化により条件が変化したのだと思う。
それが、たまたま良い方へながれ、例年とは違った実になった。


「その変化とは一体、何だったのか?」は、知る由もないが、
間違いなく言えることは、例年より良い栄養を木が吸収し、それが実となったということである。


「食べるもので体は作られる。」そして、「食べるものでしか体は作られない。」
よく皆が、「食べるものは大事だよー。」と、口を揃えていうフレーズです。


何を『内』に取り入れるか。
インプットするもので、アウトプットが決まるということである。


これは、食べ物など物質的なものに限った話ではなく、見聞きするすべての情報、例えば、テレビ、ニュース、音楽、景色、匂い、色、感情、言葉等、五感を通して内に入ってくるものすべてにいえることだと思います。


何をインプットするか。
「インプットしたものでしか、”わたし”は、造られない」
日常の中で、日々、『内』に何をインプットするかを大切にしていきたいと思った出来事でした。


「可愛い子には旅をさせろ」「苦労は買ってでもしろ」という故事は、インプットの大切さについて示唆しているように感じました。


さてはて、今年のみかんは、何をインプットしたのでしょうか。


今日は私の残された人生の第1日目だ。運命の初日としよう。
多謝

2018年1月4日木曜日

ワン・ワン・One。私事を、仕事に!仕事を、志事に!



2018年(平成30年)、戌の年。


あけましておめでとうございます。
謹んで新年のご挨拶を申し上げます。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------
「日本に総合商社は、三社も要らない。◯◯◯◯、一社で十分です。」
 私の大学時代の友人が、就職の最終面接で、目の前の役員の方々に宣言した言葉です。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------


今年は、船井総研の北島さんの業界へ向けた熱いラストレポートを配布したいと思います。
このレポートはブライダル業界が、今まさに取り組むべき方向性が示されています。


以前にも申しましたが、大戦略は「とにかく5年!」生き残ることです。
「5年!」生き残ることができれば、間違いなくその地域で重要なプレイヤーとして市場を牽引していける可能性が広がります。


ただ、そこには『覚悟』が必要です。


私たちの仕事の使命の一つは「日本の結婚式の伝統・文化を伝承する」ということがあります。
その地域で、生き残るということは、その地域の結婚式の伝統・文化を背負っていくという責任です。


その覚悟が本気の企業だけが、その地域で生き残るに相応しい式場であると思います。
そのためにやるべき事は、レポートにもあった通りです。


どれだけ徹底して、継続してやり切れるかどうか。
凡事徹底です。


今、私たちはその覚悟を問われている岐路に立っています。


地域から「その一社に選ばれる!」覚悟を持って、その責務を全うしようとする心意気が問われています。


 社会全体が大きく変化を迎えようとしている今、私たちも経営革新に向けた挑戦が求められています。

 2018年が全従業員にとって素晴らしい一年になりますよう、心よりお祈り申し上げます。


私事を、仕事に!仕事を、志事に!
Just Do It.

2016年2月8日月曜日

PDCAサイクル。プレミア版



Plan計画、Do実行、Check評価、Action改善で一般的に知られているPDCAサイクルですが、

このPDCAサイクルに、ひとつ先の社長・リーダー版PDCAサイクルがあるそうです。

それは、

P:パッション(情熱)。志・目的とも言えると思います。

D:ディレクション(方向性)。ビジョン・目標とも言えると思います。

C:コミュニケーション(伝える)。巻き込み力・影響力とも言えると思います。

そして

A:アクション(改善)。探求心・継続力とも言い換えることができると思います。


ダジャレが好きな方のお言葉です。
いつも言葉遊びが上手で、常にユーモアがあり、笑いもプラスされてお話される方ですが、
いつも「確かに!」と納得します。


−−転載−−
ラリーマンの8割を覆い「疲労感」病…なぜあの会社の社員は「不満」がないのか

およそビジネスに携わる人なら誰でも知っている「PDCA」という略語がある。「PLAN(計画)」「DO(実行)」「CHECK(評価)」「ACT(改善)」のマネジメントサイクルを回すことであり、経営の基本中の基本である。私はこれとは別に、経営者、それも経営者のPDCAというものがあると考えている。

 Pは「PASSION(情熱)」である。心の中に志がある。わが社を持続可能性(サステナビリティ)の高い会社に育て上げることにより、「世のため人のため」に役に立ちたいという強い思いである。そこには単なる短期利益の追求を超えた大義がある。経営者に求められる一丁目一番地ともいうべき最大の条件は情熱である。強い情熱のない人は、経営職に就いてはならない。社員を含むステークホルダー(利害関係者)を不幸に追い込むことになる。
 Dは「DIRECTION(方向性)」である。私の長年の経験から言うと、日本の企業で働くサラリーマンの80%以上は「疲労感・疲弊感・閉塞感」という心の病気にかかっている。私はこれを「平成の3H」と称している。
 ほとんどのサラリーマンがこの3Hに悩んでいる原因は何かを調べてみると、理由は極く簡単で明瞭である。
 彼らの上司経営者が、方向性を示していないということだ。方向性を示さずに何をやっているかというと、「今年の売り上げ、今期の利益」という、短期目標の追求である。社員は、目の前に不平や不満の材料が数多くあっても、トンネルの先のほうに希望、期待、喜び、楽しみという光が見えれば、文句や不満は激減する。
 トンネルの先の光とは方向性のことで、その方向性の中身は「理念・目標・戦略」の3点セットである。戦略を具体的に落とし込むと戦術になる。多くの経営者や管理者は戦術に汲々(きゅうきゅう)としていて、その前に方向性を語ることを忘れている。方向性のない仕事はノルマと化する。そこにはやりがいも達成感も生まれない。やらされ感が伴い、ひいては「平成の3H」に陥る。
 CはCOMMUNICATION(コミュニケーション)である。優れたリーダーは優れたコミュニケーターである。コミュニケーションにより自分の思いを正しく社員に伝え、説得し納得させることにより人を動かすことができる。人は説得されると頭で理解する。納得は心でする。いわゆる「腹落ちであり」「腑に落ちる」である。人は説得されても動かない。納得して初めて行動を起こす。「職場の失敗の80%以上はコミュニケーションの不備に起因する」という言葉もある。
コミュニケーション能力を高めるための条件
経営者がコミュニケーション、特に多数の社員や顧客、取引先を相手にした場合のコミュニケーション能力を高めるために必要な条件は4つある。
(1)情熱
 これだけはなんとしても伝えたい、わかってもらいたい、納得してもらいたい、という強い思いである。
(2)内容(コンテンツ)
 語るべき中身や内容がなければ空虚になる。
(3)話し方(デリバリー)
 話が聴く人に対して与えるインパクトの93%は、話し方やジェスチャーで決まってしまうという。話の内容が持つ重みはわずか7%にしかすぎない。まさに「話が下手では話にならぬ」のである。
(4)人格(人間性)
 コミュニケーションの最後の、そして最重要の決め手は話す人の人格である。聴く人は話す人の人柄や人間性を見て判断する。
 多くの経営者にみられる、社員(人事部・企画部・広報部)が書いた原稿を感情を込めずにただ読むだけという“棒読み社長”は失格である。
 
 そして、最後のAはACTION(改善)。それも迅速な改善である。「百聞は一見に如かず。百見は一考に如かず。百考は一行に如かず」という。見たり聞いたり学んだりすることはもちろん必要だが、最後は決断と改善が伴わなければ何も変わらない。ただ単なる評論家、批評家、学者の類で終わってしまう。学者と違って、経営者には厳しい結果責任が求められる。経営者は結果を出して初めて経営者といえるのだ。結果を出すためには迅速な行動力が必須である。
 本文冒頭の「計画・実行・評価・改善」のPDCAを私は「並みのPDCAサイクル」と呼んでいる。それに対して「情熱・方向性・コミュニケーション・改善」のPDCAは一段レベル感の高い「プレミアムPDCA」である。本物の経営者は、「プレミアムPDCA」の人でなければならない。果たしてそういう経営者が日本人の中にいるだろうかといろいろ考えてみたが、残念ながらこの「四位一体」全部を見事に具現化している人は(少なくとも私の知っている限りでは)1人も思いつかない。
 アメリカにはゼネラル・エレクトリック(GE)元CEO(最高経営責任者)のジャック・ウェルチのような人がいたが、日本人には見当たらない。青い鳥はどこにいるのだろうか?
(文=新将命/国際ビジネスブレイン代表取締役社長)
情報元
http://biz-journal.jp/2016/02/post_13660.html

2016年2月6日土曜日

インターステラー


原題:INTERSTELLAR
製作年:2014
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース映画
上映時間:169分

■所感
大きな、大きな。愛のお話です。

■備忘録
「正しい動機は、土台」

「マーフィーの法則。起こりうることは起きる」

「親は子供の記憶の中で生きる」

「運動の第3法則。前へ進むためには何かを後へ置いていかなければならない」

「完璧な正直さは感情を持つものを時として傷つける」

「穏やかな夜に身を任せるな。老いても怒りを燃やせ。終わり行く日に恐れ、恐れ。消え行く光に」

「進化の基本は変異。突然変異が進化に繋がる」

「時間は伸びたり縮んだりするが過去には戻れない」

「愛は観測可能なパワー。何かで数値化できる」

「ラザロ。一度復活する」

「本能が、突き動かす」

「重力は、時間次元を超えられる」

ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A9%E3%83%BC

2014年10月28日火曜日

そもそも、人は人を使えない。


「人は人を使えない。」
日本を代表する京都の下着メーカー ワコール創業者の塚本幸一さんの言葉です。

-転載--------------------------------------------------------------------------------
塚本幸一 氏より
・人は人を使えない。人は人を変化できない。もし、変わったのであればその人自身が変わったのである。
・人は相手を変えることはできない。変えることができるのは、己自身です。これをできる人間こそが質の高い人間である。
・自分を見つめる客観性を見失うな。
・限られた人生の中で、出会いを大切に。
・相互信頼。人を信じるには自分から変える。
・なぜ自分は生かされているのか?自分は何かをするために何かの使命を託されて生かされているに違いない

戦争に行き、55人の部隊のうち生き残ったのはわずか3人だった。
多くの戦員を亡くし、日本へ向かう復員船の中で自らに問いかけた言葉である。

塚本氏は、自らのたてた50年計画を見ることなく、平成10年に他界した。
しかし、この考え方は後世に永遠に残っていくだろう指針が残されている。
経営者のみならず社会人であれば一度は見ておかなければいけいないオススメのDVDです。
特に、塚本氏が「一番の良かったものは?と問われれば、売上よりも利益よりも社員である。」と語った映像には、本当に心から染み入るものがあります。
---------------------------------------------------------------------------------

「人は人を使えない。」
この言葉にハッ!と気づかされました。

本屋のビジネスコーナーに足を運ぶと
最近は、組織、チーム、自己、あらゆる分野の「人」に関するマネジメントの書籍が沢山並んでおります。

また、昨今のマネジメントという響きから個人的に感じることは、
「人は人を使うことができる」という前提に立ったアイデアが多いようです。
そして、古今東西、昔から存在している前提のように感じます。


従って、必然的に「デキる上司の○○」系、「大富豪の○○」系、「伝説の○○」系など力強いキャッチが目に飛び込んできます。
ピラミッド型階層が浮かんできそうな言葉です。


「人は人を使えない。」


この言葉は、全く前提が違う!
ということを示唆してくれます。

「人は人を使えない。」を前提にマネジメントを見てみると、
今までのやり方、見え方が「ガラッ」と変わりませんでしょうか。

「人は人を使える前提のマネジメント」と「人は人を使えない前提のマネジメント」
まったくアプローチの違うマネジメントになりそうですよね。


マネジメント、
人が人を使うということは、
そもそも「不可能なこと」をやろうとしている行為。


だ ・ か ・ ら !


難易度が高くて当たり前!
悩んだり、苦心して大変なのは当たり前!
できないのが基準なのだから、逆に少しでも上手くいくことがあったら、ラッキー!

ですよね?

ちょっとでも成果が出たら、「自分頑張ってるやん!」と褒めてあげましょう。
あなたは、不可能なことに挑戦している「ガッツ」と「勇気」あるチャレンジャーです。
なんか、カッコいいじゃないですか!


もしあなたが、マネジメントに悩んだら、この言葉を思い出してみて下さい。
「人は人を使えない。」
気持ちが楽になり、視界が変わってくると思います。

チャレンジャーのあなたへ。


釈迦の「天上天下唯我独尊」なんて言葉も浮かんできました。


追記:デール・カーネギーさんは、「人を動かす」といっているようです。